マッサージは気持ちいいだけ?

ちょっと疲れたときやトレーニングの後に、マッサージをしてもらうのは気持ちが良いものです。
しかし、マッサージは気持ちがいいだけで、他にはなにも効果がないのでしょうか?
マッサージの効果は主にリラックスとストレス解消で、マッサージは気持ちいいだけだという説もあります。

一般的にリンパの流れを良くするとか、血流を良くしてコリを取るといった効果がうたわれていますが、ほとんどの人がマッサージをする目的はストレスを解消することにあります。
気持ちが良いと感じるのは、体と心がリラックスしてはじめて感じる感覚です。
緊張した状態を気持ちいいと感じる人はそうそういないでしょう。
体をさすったり適度な力で押したりすると、副交感神経が優位になってリラックスできます。
一定のテンポで体を擦るスポーツマッサージなども、激しい運動で肉体的にも精神的にもストレスを受けて興奮状態にある身体を鎮めることが目的だったりします。

「疲れた」と感じるのは筋肉や骨格ではありません。
疲労を疲労として感じるのは脳なので、リラックスやストレス解消は疲労の軽減に一定の効果があるのも納得できる話です。
逆に「疲れていない」と脳を騙すことができれば、疲労を感じることなく一定のパフォーマンスを発揮できることにもなります。
つまり、リラックスを感じて肉体的、精神的なストレスを緩和すれば、疲れたという感情は抑えられるというわけです。
マッサージは気持ちいいだけのものだとしても、ストレスを緩和することで肉体的な好影響も期待できます。
俗にいうツボやリンパなどに、手技として直接的な影響があるわけではなく、脳が疲れを感じなくなることで、体の疲労感も減るというのが正確な表現なのかもしれません。

一言で言ってしまえば、マッサージは気持ちがいいだけで、身体的な効果というものは正直よくわかっていません。
卵が先か鶏が先か?のような話ですが、マッサージとストレス解消には密接な関係があります。
ボディピクセル 販売店

運動の重要性

テレワークで仕事をするのがほぼ常識と化してきた昨今。

自宅で仕事をすると自分のペースで仕事できるし、拘束感が少なくて快適に仕事をしている人も多いでしょう。

しかし、テレワークには隠れた弊害があります。

「休憩時間」がないのです。

決まった休憩時間がないと、気づけばもうお昼なんてことも。

集中して仕事できるのは大変良いことではありますが、なかば強制的にでも適度な休憩時間を挟まないと作業効率も低下して、なにより健康にも関わります。

座りっぱなしが健康に悪影響を及ぼすことは、世界的にも有名な話です。

ずっと同じ体勢で座っていると、肩こりや首のこり、腰痛や目の疲れなど、体のあらゆる部位に症状が現れてきます。

それだけでなく、長時間同じ姿勢をとりつづけると、血液の循環が悪くなり血栓ができるエコノミー症候群になる可能性もあります。

エコノミー症候群になってしまうと、重篤な状態になるかもしれません。

会社で仕事をしていると、休憩時間があったり、仲間同士で声を掛け合ったりしてコーヒーブレイクを入れたりと、外部からの働きかけで休憩時間をとることも多いはず。

テレワークだと、仲間同士の声掛けですら画面越しになってしまい、結果として一日中PCの前に座りっぱなしになってしまいます。

タイマーをかけて、定期的に小休憩を挟むように心がけることが、あなたが考えている以上に重要なのです。

できれば、お昼休みには自宅の周りを少し散歩してみるのもいいでしょう。

休日は家でゴロゴロしていないで、ジムに通ったり、ランニングやウォーキングをして、積極的に運動を取り入れる習慣をつけましょう。

ジムで筋トレしたり、ウォーキングをすると翌日や翌々日に筋肉痛になった経験から、仕事に集中できないと懸念してしまう人は、トレーニング後のケアがしっかりできていないかもしれません。

トレーニングをしたあとは、ストレッチやフォームローラー、マッサージ器具を使用して、筋肉をほぐしておくと、筋肉の疲労が軽減されて筋肉痛からの回復が早くなります。

適切なトレーニングを取り入れて、健康的なテレワーク生活を送りましょう。

ボディピクセルを比較しました。