トライ&エラー

トライ&エラー
サッカーに限らずスポーツはベストを尽くすことが大切です。子供たちは勝ってうれしい、負けて悔しいという気持ちは大いに持ってほしい、負けん気をもって目標を持って頑張ってほしいと思うのは当然の事です。そして、大人は冷静にコントロールされた気持ちでいなければなりません。勝つことで成功体験につながり、それが子供が育つ一つの要員になることは間違いありません。しかし成功体験は試合の勝利だけからしか得られるものではありません。実に様々な事柄から得ることが出来ます。そして、負けて学ぶことも沢山なるのです。サッカーはルールは簡単ですが、そこには沢山の要素が絡みあう複雑なスポーツです。勝敗には偶然も運も関わります。そんなサッカーだからこそ、そのプロセスや内容が非常に重要になります。勝利至上主義になって手段を選ばずに戦おうと思えば色々な方法があるかもしれません。『お前はそこにたってればいい』なんて指示を聞くこともあります。自分の子供がボールを持った時に、ミスが怖くて『早く蹴って~!』などと悲鳴のような声で叫んでいるお母さんもいます。子供が日々練習している成果を試そうとしているのにそれはないですよね。
私たちは『トライ&エラー』という言葉をよく使います。
先ず、トライ!失敗したら成功するように努力する。その繰り返しを積み重ねです。負けや失敗を恐れるがあまりトライをしない。これは子供たちのサッカーには無用です。勝ってうれしい、負けて悔しい。子供たちが勝敗を自分の中で消化し処理出来るように、勝ちも負けも次に向かってポジティブに自分の糧に出来るように大人はその手助けをしてあげるべきです。大人がムキになって勝敗を適切に受け入れられないようでは困ります。私たちたトータルで物事を考えなければなりません。最終的に子供たちが成長することが大切なのです。こどもたちがやっているのは子供たちのサッカーです。こどもと大人は違います。子供たちのサッカーは、大人のためのサッカーではありません。
越谷 サッカースクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です