トライ&エラー

トライ&エラー
サッカーに限らずスポーツはベストを尽くすことが大切です。子供たちは勝ってうれしい、負けて悔しいという気持ちは大いに持ってほしい、負けん気をもって目標を持って頑張ってほしいと思うのは当然の事です。そして、大人は冷静にコントロールされた気持ちでいなければなりません。勝つことで成功体験につながり、それが子供が育つ一つの要員になることは間違いありません。しかし成功体験は試合の勝利だけからしか得られるものではありません。実に様々な事柄から得ることが出来ます。そして、負けて学ぶことも沢山なるのです。サッカーはルールは簡単ですが、そこには沢山の要素が絡みあう複雑なスポーツです。勝敗には偶然も運も関わります。そんなサッカーだからこそ、そのプロセスや内容が非常に重要になります。勝利至上主義になって手段を選ばずに戦おうと思えば色々な方法があるかもしれません。『お前はそこにたってればいい』なんて指示を聞くこともあります。自分の子供がボールを持った時に、ミスが怖くて『早く蹴って~!』などと悲鳴のような声で叫んでいるお母さんもいます。子供が日々練習している成果を試そうとしているのにそれはないですよね。
私たちは『トライ&エラー』という言葉をよく使います。
先ず、トライ!失敗したら成功するように努力する。その繰り返しを積み重ねです。負けや失敗を恐れるがあまりトライをしない。これは子供たちのサッカーには無用です。勝ってうれしい、負けて悔しい。子供たちが勝敗を自分の中で消化し処理出来るように、勝ちも負けも次に向かってポジティブに自分の糧に出来るように大人はその手助けをしてあげるべきです。大人がムキになって勝敗を適切に受け入れられないようでは困ります。私たちたトータルで物事を考えなければなりません。最終的に子供たちが成長することが大切なのです。こどもたちがやっているのは子供たちのサッカーです。こどもと大人は違います。子供たちのサッカーは、大人のためのサッカーではありません。
越谷 サッカースクール

「すりおろしりんご」が思い出されます。

りんごと言えば風邪をひいた時に母親が作ってくれた「すりおろしりんご」が思い出されます。子供の頃から特別りんごが好きだった記憶はないですがそれはとても楽しみで嬉しくまた美味しかった事を覚えています。
ぼーっとして熱を持った身体に滲み入ると言いますか水分をたっぷり含んでいるので喉ごしが良く、またすりおろしてあるので噛む必要がなくするする入っていく。まるで子供用の風邪薬のようにそれだけで治る様な思いだった気がします。いつからか風邪の時のすりおろしりんごはなくなり、ゼリーやヨーグルト、缶詰などに変わっていったのですが、今考えるとりんごをすりおろすという行為は手間がかかるものだと感慨深いものがあり有り難さと懐かしさにふけります。
大人になるにつれ言わば庶民の様なりんごをわさわざ購入してまで食べようとは思わなくなってしまい久しく食してなく、また果物を摂ろうと思っても、他のものに目がいってしまいます。しかし先日りんごを頂く機会があり、家に持って帰るもあまり食べる気がせず(剥くのが面倒なのもあり)夫も特にと言った様子。

置いといても悪くなってしまうしもらった手前食べなくては‥で、どうしたものかと考えた結果、スイーツとして菓子作りに使おうと考えました。
お菓子作りが得意といったわけではないですが、タルトタタンなるものを初めて作ってみました。薄切りのりんごを砂糖とシナモン等で煮詰め、上からケーキ生地を敷き詰めオーブンで焼き上げるだけの簡単なレシピでしたがそれが思いの外上手く出来ました。

スイーツとして加工してはあるものの、りんご本来の甘みをなくす事なくシナモンが引き立て、煮詰めてあるもののしゃくしゃくとした小気味いい食感を残して全体的をまとめてくれました。本当に美味しく夫からも好評でした。りんごは昔から変わらず馴染みあるものですが逆に馴染みすぎて特別感はなくなってしまったように思います。
今回の様に少し形を変える事で新しい側面を見せてくれるので、「昔からあるもの変わらないもの」も悪くないなぁと感じました。
青森りんご 格安

没頭するとは瞑想に似ていないか?

善には「無念無想」(むねんむそう)という言葉があります。
この「無念無想」tpは「心の中を空っぽにして、心をどこにも置かない」という状態です。
これっていわゆる瞑想の上来ではないでしょうか。
あれこれ余計なことは考えず、今やることだけに気持ちを集中させる。
そうすることで人間は時にとんでもない力を発揮します。
これって瞑想にも似ていませんか?

自分では仕事に集中しているつもりで
「お昼休みまであと何分だろう?」
とか
「この仕事 早く終わらせんないかなぁ」
なんて考えがよぎるのならそれは集中できているとはいえません。

とりあえず今の目の前に仕事に没頭できるかどうか?
没頭できれば驚くほどのパワーが生まれてきます。
それには「仕事を楽しむ」ということが大事です。
臨済前肢が
「随所に主となれば立所皆真なり」と言われました。
自分が置かれた立場の中で、常に背一杯の努力をする。
それはその場においては自分自身が主人公になって取り組むことなのです。
そういう姿勢で物言に取り組めばすべて真実に出会うことができる。
という意味だそうです。
ついつい私たちはきつい仕事があれば誰かのせいにしてしまいがちです。
「こんな仕事をやらせるなんて」
「自分にはもっと向いている仕事がある」
「こんなつまらない仕事・・」
そう考えてしまいがちです。
でも、目の前の仕事に没頭していると、これが次の仕事につながるのです。
多くの場合、今目の前にある楽しいことは、すいべて過去のことがつながっていることに気が付いていません、。
今与えられている仕事
今与えられているポジション
今与えられている役割
今であった人
その他 ちょっとした出来事もすべて過去のなにかしらのきっかけがあるはずです。

ですから
「こんな仕事なんて」
とは考えずに、今の仕事に没頭できるようにしましょう。
没頭すればなにかが変わります。
そのためには瞑想してほかの雑念を取り去ることも大事です、
ただ目の前のことに集中する
そこから何かが変わります。
アノコイデリケートゾーンクリーム

転職した職場の看護師がスゴすぎてダメな自分に劣等感を感じてしまう

転職した職場の看護師のレベルがスゴすぎて褪せてしまうことってありませんか?
特にブランク明けの看護師ならそう感じてしまうことも珍しくありません。
なんでもテキパキとこなす同僚看護師に比べ
「ジブンナンテダメダァ・・」
と劣等感を感じてしまうかもしれません。

しかし、そおぽ奥の場合は勘違いが少なくないのです。

仕事が早い?遅い?が良い?悪い?とは限らないという子pとを肝に銘じておいてください。
看護師の仕事を一つ一つ丁寧にしていたらどうしてもまわりの看護師と比べたら仕事が遅くなって当然です。
先輩看護師から「遅れている」という指摘が無ければ、自分自身の仕事ペースを乱さないようにしてください。

特にブランク明けの看護師であれば
勘を取り戻す
最新の知識や技術を身につける
のに時間がかかるのは仕方のないことなんです。
あまり自分を追い込まないようにしてほしいのです。・
なかなか難しかもしれませんが
分からないことは素直にアドバイスを求める
ということもすごく大切です。
どうして自分だけが遅いのか?
その理由を思い切って理由を聞いてみると、そこから改善すべき点が見つかることもあります。

えてして、転職したての看護医師はまわりの看護師の仕事のスピードに目を奪われがちです。
新しい職場で新しい仕事のやり方を覚えるのは大変ですが、いったん覚えれば着実にこなせるのものなのです。
テキパキと仕事をこなす同僚の看護師たちも新人の頃は決してそうではなかったはずです。
そのことだけは忘れないでください。
とはいえ、どうしてもネガティブな気持ちになっている自分がいると思います。
そんな自分にはぜひ客観的な視点から共感してあげてください鵜。
「そうか、まわりから置いてきぼりにされないように焦っているんだな
 その気持ち、よ~くわかるよ」
自分で自分自身に共感してあげることで前向きな気持ちにもなれます。
そして
1日前の自分
1週間雨の自分
1か月前の自分
そ違いを振り返ってみてください。
きっとなにかしら進歩している自分がいるはずです。
看護師 のんびり働きたい