失敗しない仏壇の買い方|タイプ・寸法・購入時期・開眼供養

「どんな仏壇を買えばいいのか?」
新しく仏壇を購入する時にはわからないk0音ばかりですよね。
それを知らずに仏具店にいってもけっこう当初の予算以上の仏壇を売りつけられるかもしれません。
予めお仏壇のことにも知っておきましょう、

仏意団のタイプ

仏壇にはいろいろなタイプがあります。

上置き型

タンスなどの上に置くタイプです。

地袋型

和室の地袋(作り付けの袋戸棚)に収めるタイプです。

重ね型

床に直接置く大月の仏壇です。

家具調型

洋風調のお部屋にも似合うデザインされたお仏壇です。

唐木仏壇

木目を活かしたお仏壇です。

塗り仏壇

金仏壇と呼ぶこともありますが、漆を塗り内部には金箔が張られています。

仏壇の置き場所と寸法

お仏壇で一番重要なのがその置き場所と寸法です。
このあたりは仏壇の高にゅあめにしっかりと決めて寸法を測っておきましょう。
またスペースのほかに直射日光や湿気のことも和ズレずにチェックしておきましょう。
また地震などの際にもt落下の恐れがないことも考えておくべきです。

置き場所が決まったら、その寸法を敷かk離計っておきましょう。

仏壇の購入時期

仏壇を購入する時期に決まったものはありませんが、やはり新しくお仏壇を買うのは四十九日に合わせて購入するのがおすすめです。
新しくお仏壇を購入した時には僧侶に「開眼供養」をお願いするンドエスが、四十九日に合わせておけば同時に行うことができます。

仏壇以外の仏具について

お仏壇を購入する時には、内部に収めるご本尊やその他にも仏具が必要になります。
仏壇とセットで販売されていることもありますが、仏壇とは別に選ぶ場合もあります。
最低限必要な物は
・三具足(香炉)
・火立て
・花立て
です。
必要な物の配置は宗派によって異なりますから、よくわからない場合は仏壇店にきけば教えてくれるでしょう。

仏具店で仏壇を買う時

ひとくちに仏壇といってもピンキリです。
恥ずかしがらずに、最初にご予算をきちんと伝えておけばその予算内で仏壇店がよいものを見繕ってくれるしょう。

実家の仏壇 どうする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です