新商品を考えるより古い商品を合体させては?

商品開発の現場はとても大変です。
上司や社長からは
「新しい商品を大至急考えろ!」
という指示があってもなかなか新商品なんて思いつくものではありません。
そこで発想の転換として
新し商品を考える前に古い商品を合体させれないか?
ということはいかがでしょうか?
古い商品でも合体させることで新しい商品に生まれかわることも珍しくないのです。

三時な所では「リンスインシャンプー」です。
少し前までは「シャンプー」と「リンス」は別々が当たり前でした。
今までは、シャンプーした後にリンスをすることが当たり前の時に
シャンプーの新商品
リンスの新商品
それを考えるのが難しkジュ手もい
「リンス」と「シャンプー」を合体させたら新商品の「リンス院シャンプー」が生まれてきます。

これはなにも商品だけではありません。
既存の商品の部品でも同じです。
例えば歯磨き粉のチューブはいかがでしょうか?
少し前までの歯磨き粉はチューブの蓋は回転式のねじ上のものでした。
私はよく寝ぼけて蓋を落としたりしたものでした。
今の歯磨き粉のチューブの蓋は開け閉めが片手で出来る方式がほとんどです。
片手でパチッと開けたり閉めたできれば、わざわざ歯ブラシを持った手を煩わせなくて済みます。
歯磨き粉なんてなかなか差別化ができない商品だけに、このちょっとした差が大きな差になることもあります。
でも、問題は簡単に思いつくことは簡単に他社に真似されるという弱点もありますけどね・・・
今の歯磨き粉は回転ねじ式のキャップの物はほとんどありません。
みんあn片手でカチッと開け閉めできる物ばかりですから、今度は次の差別化を考えなければなりません。

ですから、当たり前を疑うことから始めないと新商品開発はできません。
今まで2回必要だったものを1回で済ませるようにできないか?
片手で出来るようにできないか?
他の商品と合体できないか?
そんな発想をしていると新しい商品のヒントはいくらで浮かんでくるかもしれません。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です