歳をとってからの綺麗は自分で作る物である

生まれつきの美人はこの世にはやたくさんいます、
しあkし、それも20代まで、よくっても30代前半まででしょう。
悲しいかな、女性の生まれ持ってのきれいさは永遠ではないのです。

特に欧米人はそれが顕著です。
主観的な意見ですが欧米の女性が一番きれいなのは気17歳くらいではないでしょうか。
それにくらべて日本人はまだ17歳では幼く本当にきれいなのは20歳前後かもしれません。

でも、それをピークになにもしなかればどんどんその美貌は陰りを見せてきます。

「昔はあんなにきれいな人だったのに・・・」
とh氏を重ねると普通のおばちゃんというのはよくあることなのです。

しかし、年齢を重ねるとともに、まずます美貌に磨きを女性もいます。

生まれながらの美人をうさぎ
生まれながらに普通の美貌の人は亀
そんなうさぎと亀の競争で最後に亀が勝つ可能性も大いにあるのです。
良まれながらの美人は
若い頃からちやほやされてきたので綺麗さを太もpつ努力はあまりhしません。
でも、普通の美貌の方は少しでも「綺麗になりたい」と常に涙ぐまし努力を続けていきますy。
それがどこかの時点で立場が逆転してしまうのです。

その大きな「要因」に「見られる」こともあると思います。
生まれながらの美人でも早くに結婚して子供ができ、家庭に閉じこもているとあっというまにきれいではなくなります。
たしかに「女」よりも「母」という立場に変わったことも関係あるかもしれません。
でも、それだけじゃないようにな気がします。
普通の美しさの女性でも、バリバリ働いて、外で他人からの視線を毎日浴び続けることで必然的にンお化粧や洋服の有効も気になります。
毎日同じ洋服は着て会社に行くわけにもいきません。
毎日ボサボイサの頭、白髪交じりの頭ではまわりの視線も気になります。
浮気や不倫ではなくいても、まわりに素敵なキュンとする男性も一人や二人はいることでしょう、

そんな女性であれば常に美への関心は無くなることはありません。
そんな女性ほど歳をとってもきれいでい続けます。
歳をとってからの女性の美しさは自分で作る物なのです。
イビサクリーム ビフォーアフター

没頭するとは瞑想に似ていないか?

善には「無念無想」(むねんむそう)という言葉があります。
この「無念無想」tpは「心の中を空っぽにして、心をどこにも置かない」という状態です。
これっていわゆる瞑想の上来ではないでしょうか。
あれこれ余計なことは考えず、今やることだけに気持ちを集中させる。
そうすることで人間は時にとんでもない力を発揮します。
これって瞑想にも似ていませんか?

自分では仕事に集中しているつもりで
「お昼休みまであと何分だろう?」
とか
「この仕事 早く終わらせんないかなぁ」
なんて考えがよぎるのならそれは集中できているとはいえません。

とりあえず今の目の前に仕事に没頭できるかどうか?
没頭できれば驚くほどのパワーが生まれてきます。
それには「仕事を楽しむ」ということが大事です。
臨済前肢が
「随所に主となれば立所皆真なり」と言われました。
自分が置かれた立場の中で、常に背一杯の努力をする。
それはその場においては自分自身が主人公になって取り組むことなのです。
そういう姿勢で物言に取り組めばすべて真実に出会うことができる。
という意味だそうです。
ついつい私たちはきつい仕事があれば誰かのせいにしてしまいがちです。
「こんな仕事をやらせるなんて」
「自分にはもっと向いている仕事がある」
「こんなつまらない仕事・・」
そう考えてしまいがちです。
でも、目の前の仕事に没頭していると、これが次の仕事につながるのです。
多くの場合、今目の前にある楽しいことは、すいべて過去のことがつながっていることに気が付いていません、。
今与えられている仕事
今与えられているポジション
今与えられている役割
今であった人
その他 ちょっとした出来事もすべて過去のなにかしらのきっかけがあるはずです。

ですから
「こんな仕事なんて」
とは考えずに、今の仕事に没頭できるようにしましょう。
没頭すればなにかが変わります。
そのためには瞑想してほかの雑念を取り去ることも大事です、
ただ目の前のことに集中する
そこから何かが変わります。
シンプル瞑想 口コミ

マッサージは気持ちいいだけ?

ちょっと疲れたときやトレーニングの後に、マッサージをしてもらうのは気持ちが良いものです。
しかし、マッサージは気持ちがいいだけで、他にはなにも効果がないのでしょうか?
マッサージの効果は主にリラックスとストレス解消で、マッサージは気持ちいいだけだという説もあります。

一般的にリンパの流れを良くするとか、血流を良くしてコリを取るといった効果がうたわれていますが、ほとんどの人がマッサージをする目的はストレスを解消することにあります。
気持ちが良いと感じるのは、体と心がリラックスしてはじめて感じる感覚です。
緊張した状態を気持ちいいと感じる人はそうそういないでしょう。
体をさすったり適度な力で押したりすると、副交感神経が優位になってリラックスできます。
一定のテンポで体を擦るスポーツマッサージなども、激しい運動で肉体的にも精神的にもストレスを受けて興奮状態にある身体を鎮めることが目的だったりします。

「疲れた」と感じるのは筋肉や骨格ではありません。
疲労を疲労として感じるのは脳なので、リラックスやストレス解消は疲労の軽減に一定の効果があるのも納得できる話です。
逆に「疲れていない」と脳を騙すことができれば、疲労を感じることなく一定のパフォーマンスを発揮できることにもなります。
つまり、リラックスを感じて肉体的、精神的なストレスを緩和すれば、疲れたという感情は抑えられるというわけです。
マッサージは気持ちいいだけのものだとしても、ストレスを緩和することで肉体的な好影響も期待できます。
俗にいうツボやリンパなどに、手技として直接的な影響があるわけではなく、脳が疲れを感じなくなることで、体の疲労感も減るというのが正確な表現なのかもしれません。

一言で言ってしまえば、マッサージは気持ちがいいだけで、身体的な効果というものは正直よくわかっていません。
卵が先か鶏が先か?のような話ですが、マッサージとストレス解消には密接な関係があります。
ボディピクセル 販売店