介護ベッドを置く位置は部屋の真ん中がいいよ

介護ベッドって思った以上に大きいことに驚きませんでしたか?
ですから親の部屋に介護ベッドを置く場合はまずまわりを片付けて置くスペースを確保しなければなりません。

そこでまず気を付けて星野は部屋の真ん中がいいですよ。
なぜなら、介護がもう少し重くなってきた時におむつ交換とか寝返りをさせて体勢を変える時なんかで縦横四方に空間があるととても助かるんです。
子供も介護しやすい
親も介護を受けやすい
それがとても大切なんです。
寝たきりでも最低介護ベッドの上下左右 人がひとりはいれるだけのスペースを空けておくようにしましょう。
特に今まで布団で寝ていたような親の部屋だと介護ベッドを置いたことでタンスの引き出しが開かなくなったりします。

ですから介護ベッドを置くことを考えた時に家具の配置や、あるいは家具の処分も考える必要がありあmす。
現実にタンスの中の洋服はほとんどもう着る機会はないと思います。
悲しいことですがそれが現実です。
過去の思い出を大切にすよりも、これからの生活が楽になることが優先です。
親の大切にしていた洋服やタンスを処分することはとても悲しく罪悪感もありますが、介護のことを優先すればそれも屋無負えません。
また今まで布団で寝ていた親んまら介護ベッドにすることで敷布団が不用になります。
布団ひとつでも処分するのはとても大変なことを知っておいてください。

①介護ベッドを置く位置の周囲を片付けておく。
②タンスなどの引き出しを引けるだけのスペースを確保する位置に置く。
 それが無理な場合はタンスを移動するか処分することも考える
③介護ベッドの上下左右 人が入れるだけの空間を確保するようにする。
無理ならせめて左右両サイドだけでも空間を確保しておきましょう。

こんなことを考える樋介護ベッドはやはり部屋の隅には置けません。
できれば介護ベッドは部屋の真ん中付近に置くとかなり介護しやすいことを知っておいてください。
確かにそんなに広い部屋に親が住んでいないことも多いのですが・・・・
遺品整理 いつから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です