切手の出張買取に関して

切手の出張買取に関してコツが必要です。
切手はバラ切手とシートの切手で金額が変わってきます。
大体どこの買い取り業者も同じような金額で買い取りをします。
75パーセントから90パーセントの間の買い取り金額になります。
より高く切手を売るとしたら、切手の希少性(プレミア)に頼るしかありません。
切手の希少性に関しては注意が必要です。
切手の「30年前に集めていたもの」と「30年間集め続けたもの」とでは雲泥の差があります。
安いものは何年経っても安いので、明治時代のものでも安いものは何年経っても値打ちは上がりません。
一方、近年のものでも目利きのコレクターさんが一生懸命お集めになられたものは、現役のコレクターさんにも響くものがあり、人気になるものが多いです。
つまり、古いからということだけで価値がある、ということにはならないのです。
また、残念ながら、40年や50年は「古い」とは見なされません。
日本の記念切手、昭和30年頃以降のものは、プレミアのつかないものがほとんどです。
「記念と名のつくものに珍品なし」とよく言います。
かならずしもすべてにあてはまる訳ではありませんが、一般的に「記念」と名のつくもの、記念切手、記念硬貨、記念切符というのは意外と発行枚数の多いものが多く、記念とは名ばかりで評価の低いものが多いです。
そのほかにも、日本切手いがいにも中国切手、外国切手なども買い取り対象です。
中国切手などは、商品によってはかなりの高額がつく可能性があります。
赤ザルや大パンダに高額がつくことは有名です。
その他、外国切手はなかなか金額がつかないものが多いですが、ブラックペニーや初期制作の切手などは希少性の観点から高価買取ができると言われています。
出張買取では、買取業社に切手を安く買い叩かれないように、信頼できるお店に買取をお願いすることが重要です。
自分のお酒に関してはある程度知識を持っておいた方が、交渉において有利に進められるのでお勧めします。

出張 買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です