真面目な妻ほど夫が浮気をしても別れないのは今の生活を変えたくないから?

夫に浮気相手がいるのに
「夫とわかれたくな」
一審で我慢している妻も少なくありません。
夫から離婚を申し出されても。のらりくらりと返事を避けています。

「夫には好きな愛人がいる。もう私のもとには帰って来ないのか?」
と悲しみに明け暮れています。

そんな女性ほど今の状況を変えることに極端に憶病になっています。
口では
「もう離婚する」
と言ってはいても行動は全く起こさないのです。

今の妻に必要なことは
「以前のあなたに戻って」
と頼むことだろうか?
それとも泣いて泣いて泣き明かして
新しい出発(離婚)をすることだろうか?

生真面目な人ほど意外と問題解決能力がないことが多いように感じるのは私だけでしょうか?
毛婚生活が順調の時はそれでいいとおもいます。
しかし問題が起きると、生真面目な人ほど問題に振り回され続けています。
夫の浮気や愛人問題
嫁付す止め問題
子供の非行
ただただ悩んでいるだけで何も行動を起こしません。
起こさないというかどうしていいかわからない?というのが正解かもしれません。
自分の気持ちや本絵を押し隠して、ただ我慢を続けいていても若かr田ありません。
時には夫にも本音で真正面にぶつかってみる勇気を持ってみませんか?
ただリオkンを避けて通ろ王としているだけでは、今お我慢から解放されることはありません。
トラブルはピンチでもありますが、自分を変えるチャンスでもあります。

ずっと浮気をし続ける夫とは愛情などない仮面夫婦状態ではありませんでしたか?
少し酷な言い方ですが
離婚して大変だけれども素晴らしい人生を贈るか?
自分おみじめさを押し隠してみて見ぬふりを続けていくか?
それはあなたの決断であり、他人がどうのこうのいう問題ではありません。
だから、あなたもそのことを他人い相談してはいけません。
あなたが出す答えだからです。
おそらく相談すれば、10人中10人がみんな「離婚しろ」という弟子王。
そう言われたあなたはきっとこういいまうしょね?
「でも・・・」って
離婚 準備 離活

お墓に入れずに手元供養は問題の先送りでしかない

「遺骨をお墓に入れずに、ずっと家に置いておきた」
そう考える方もいます。
お墓を建てるお金がないという費用面だけでなく、大切な人の遺骨を自分のそばに置いておきたいという気道もあるかもしれません。

これが違法か?といえば違法ではありません。
実際に遺骨を家にずっといていても問題は無いのです。

ただ遺骨または遺骨の一部を家に置いておくことは「埋葬」ではなくを「保管」ということになりますから、墓地管理法法律的に禁じられていることではあります。
このように遺骨をお墓に入れずに故人を偲ぶやり方を手元供養と呼ばれています。
最近では遺骨の一部を肌身離さず持ち歩きたいという方のために遺骨をペンダントなどのアクセサリーに加工して家に置いておく方もいます。

ここで考えておかないといけないのが最終的な遺骨の行き先です。
たとえば、大切なご主人を無くされた奥様が「いつまでも私のそばにいて欲しい」と手元供養をされていたとします。
しかし、その奥様が亡くなった時にはご主人の遺骨はどうなるのしょうか・
きちんと残され遺族に自分お遺骨とご主人のご遺骨の行き先をきちんと託されていればまだいいのですが必ずしもそうなるとは限らないのです。
もしその奥様が高齢になって認知症にでもなってしまったら?
もはやご主人の遺骨のことなどきれいさっぱり忘れているかもしれません。

遺骨は捨てることが出来ない物です。
仮に無s子ではなく子供が全て娘であったとしたら・・・
義実家の遺骨を持って帰ることはできないものです。

手元供養は次世代に問題を起こしかねない
つまい問題の先送りになる可能性もあることを認識しておきましょう。

自分の死
あるいは家族の死
悲しみは深いですが問題の先送りはせず、次世代のことを考えてお墓や遺骨のことを考えておくことが重要なのはわかっていただけたと思います。

今は「お墓の無い人生は儚い(はかない)人生」とは言えない時代です。
お墓のこと、遺骨のこと、10年後20年後のことを考えて家族で話し合う機会をいつか持ってくださいね。
お墓 いらない